悲しまないで

小さくて華奢な体ですが、とてもエネルギッシュ。

元気印の永井真理子さん。

聴いていると、こっちも元気になります。

ルームメイトの失恋のことを歌った曲です。

ちらりと本音もありますが、ルームメイトを応援してる歌だと思います。



人生そう上手くは行きませんから。

山あり谷あり、いいこともあれば、悪いこともある。

それが人生ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング
スポンサーサイト

ラブ イズ Cash

紅一点NOKKOのヴォーカルが魅力のバンドREBECCA初ヒット曲。

ラブ イズ Cashです。



3枚目のシングル曲にてヒット街道へ踊り出ました。

REBECCAも何枚かアルバム持ってます。

この曲は85年のヒット曲になります。

NOKKO、若い。

今や同年代ですが。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング

大きな玉ねぎの下で

とっても胸にしみる失恋ソング。

爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」です。



青春してますね。

これが若さだという感じですかね。

コンサートのチケットを送ったけれども、当日彼女は来なかったという、ドラマのような、ありがちな内容ですが、ぐっと胸に突き刺さります。

ペンフレンドという言葉も昭和を感じさせます。

昔、ありましたよね。

いわゆる文通というやつです。

雑誌などに文通しませんかみたいな欄がありました。

私はしたことはありませんが、うちのカミさんは昔、学生の頃にやってたことがあるそうです。

今や携帯の普及で、ラインや、アプリなどで、簡単に人とつながることができる時代ですから、いいのか悪いのか分かりませんが、私は、手紙の方が楽しみがあるというか、嬉しいです。

私は携帯持つのが遅かったので、カミさんには手紙書いたりしてました。

同じ地元ではなかったでしたから。

手紙の方がいいなんて、やっぱり根っからの昭和の人なんですね。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング

ならず者

注目のシンガーソングライター。

阿児万寿美さんの「ならず者」。

イーグルスのカバー曲です。



ピアノ弾き語り、かっこいい。

流石は音楽を志す者。

ギターだけではなく、ピアノも弾けるんですねぇ。

凄い。凄い。


ところで、"阿児万寿美"さんの名前って読めました?

"あこ ますみ" さんって読むんですよ。

最初から読めた貴方は偉い。

褒めてあげます。

読めなかったのは私だけか。

阿児万寿美さんを応援しましょう。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング

嵐が丘

ケイト・ブッシュのデビュー曲ですが、本国イギリスで1位に輝いた名曲です。

1回聴いて、直ぐに気に入りアルバムも買いました。

何といっても彼女のこの歌声に惹かれましたね。

19歳でデビューしていきなり1位ですから、大したものです。

以後はあまり大きなヒットはなかったようですが、アルバムは結構買いました。

今も手元にあります。

ケイト・ブッシュのPVはとても個性的というか、変わっているというか、はっきり言って見ない方がいいと思います。

意味不明です。

音楽だけ聴いていた方がいいです。

そういえば、「嵐が丘」って、小説がありますよね。

私は読んだことはないので、どんな内容なのかは分かりませんが、読書好きな方はご存知なんでしょう。

ヒースクリフとかキャシーという名前も歌詞に出てくるので、小説をモデルにして歌っていると思います。



new vocal このバージョン初めて聴きました。

このアレンジもなかなかいいですね。

多くの皆さんは「恋のから騒ぎ」のテーマ曲として、ご存知の方が多いことでしょう。

個人的には全く合わない曲だと思っていますが、逆にこのことによってケイト・ブッシュの名前が多く知られることは嬉しいことだとは思います。

でもちょっと複雑な気持ちです。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング