13日の金曜日

13日の金曜日。

仏滅。

三隣亡。

悪いことの代名詞ですね。

13日の金曜日といえば、やっぱり厚切りジェイソンじゃなかった、ジェイソン・ボーヒーズ、ホッケーマスクをかぶった大男ですよね。

このシリーズ10作まで作られているようですが、全部は見ていません。

シリーズものはやはり一作目が一番いいのではないでしょうかね。

私はPART3の3D、飛び出す映画を映画館で見ました。

非常に立体感がありました。

怖さ倍増です。

fr13.jpg

このチラシ懐かしい。
スポンサーサイト

The Elephant Man

衝撃的な映画でしたね。

作り物ではなく

ジョゼフ・メリックという実在の人物を映画化したことで更に驚きました。

想像を絶する人生だと思います。

もし、自分が同じ境遇だったとしたらどうなっていたか。

いろいろと考えさせられる映画です。

ラストシーン


映画では、普通の人と同じように眠りたいと、まくらをどかして永遠の眠りについてしまいます。

テーマ曲


詳しい記事がありました。

リターナー

2002年の映画です。

基本的に日本の映画はあまり見ないことにしていますが、いい作品は観ます。

当たり前か。

テレビで放送されましたので、ご存知の方も多いことでしょう。

私好みの作品です。

タイムトラベル、SF、アクション、完璧です。

金城武(ミヤモト役)さんと鈴木杏(ミリ役)さん主演。

このコンビがいいですね。

お決まりどおり最初反発しあうのですが、その内に心が通じ合う。

しかも任務が遂行されると、ミリは自動的に未来に戻されてしまう。

ここの場面がちょっと切ないです。

ラストがまたいいんですよ。

密かにミリが助けに来ていたことを知る場面。

樹木希林さんがいい味出してますし、岸谷五郎さんの悪役ぶりは大したものです。

この映画は皆さんにお勧めします。

楽しんで貰える筈です。



お前も蝋人形にしてやろうかぁ。

ホラー大好きな北風のキャロルがお勧めする映画。

蝋人形の館です。

エリシャ・カスバート主演。あと、パリス・ヒルトンも出てますね。

ネタバレになるので多くは語れませんが、死に方がとてもショッキング。

載せようと思いましたが、やめました。

タイトルどおり蝋人形が見ものです。

本当の人間みたい。

人間が紛れていても絶対分かりませんよね。

怖いですね。

映画の内容は(ウィキペディアからの引用)

6人の若者たちが大学フットボールの試合観戦のため、スタジアムへ向かっていた。
しかし、道中のキャンプ場で一夜を過ごした翌朝、車が故障。
主人公カーリーと恋人は車の部品を購入するため、近くの町へ向かう。 カーナビに載っていない町アンブローズにやってきた2人は、人の気配が無い町の中に一軒の蝋人形館を見つける。
あとを追ってやってきたカーリーの兄とその友人、キャンプ場に残っていた2人にも、呪われた蝋人形の魔の手が迫る。

(引用終わり)

あまり強くはお勧めしませんが、ホラー好きな方は観てもいいかなという程度です。

過度の期待はしないでください。

暇で仕方がないという方にも是非。

以前レンタルして観たので、あまり覚えていませんが、興味のある方はご覧ください。



いうことで、今日はデーモン閣下の登場です。

聖飢魔Ⅱ 蝋人形の館※youtubeに飛びます。


デーモン閣下のMCの方が怖いかも。

お前も蝋人形にしてやろうかぁ。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング

ダーティハリー

山田康雄さんといえば、ルパン3世が真っ先に浮かんできますが、私の大好きなクリント・イーストウッドの吹替えもやられています。

ダーティハリーの最初の方のシーンです。



<セリフ>

おっと。

考えは分かってるよ。

俺がもう6発撃ったかまだ5発か。

実を言うと、こっちもつい夢中になって、数えるの忘れちまったんだ。

でもこいつはマグナム44と言って、世界一強力な拳銃なんだ。

お前のドタマなんか1発で吹っ飛ぶぜ。

楽にあの世まで行けるんだ。

運が良けりゃなあ。

さあどうする。



このセリフがこの映画のポイントなんです。

ラストの犯人にも同じセリフを言うんですよ。

その後どうなるかは見てのお楽しみ。

クリント・イーストウッドってかっこいいですよね。

背が高くて足が長くて、ほれぼれしちゃいます。

こういう男に生まれたかったなぁ。


ラストシーン 英語です。





映画ランキング