どろろ

とっても面白い歌詞のどろろのテーマ曲。



白黒というのが時代を感じさせますが、それもその筈69年に放送されていたそうですから。

リアルタイムでテレビは見ていませんが、単行本の漫画を持っています。

このアニメ、タイトルは「どろろ」となっていますが、どろろと出会う妖怪に体の48箇所を奪われた「百鬼丸」という少年(青年)がどろろと共に妖怪を退治しながら、自分の体を一つ一つ取り戻して行くという物語なんです。

漫画家手塚治虫先生の作品だから、面白くない訳がない。

この曲、声優の藤田淑子さんが歌っています。

一休さん等の少年役から、キャッツアイの来生 泪さんの大人の女性まで、幅広く演じられていますね。

こんな白黒の時から活躍なさっていたとは、びっくりしました。

それにしても面白い歌詞ですね。

http://www.uta-net.com/song/14183/

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング
スポンサーサイト

エースをねらえ

男のくせに何故か見てましたねぇ。



主人公岡ひろみ役の声優さんの声が可愛かったです。

お蝶婦人はメーテルで有名な池田昌子さん。

上品で素敵な声は変わりません。

昔の懐かしいアニメがこうして見られるなんて。

当時にプレイバックです。

dailymotionでは第1話がご覧になれますよ。

はいからさんが通る

昨日の北海道新聞に大和和紀さんの記事が載ってました。

DSCF1364.jpg

北海道札幌市出身だったとは知りませんでした。

分かって一層親近感が増しました。

この作品、登場人物が本当に個性的で面白いんです。

主人公花村紅緒は天真爛漫なじゃじゃ馬娘で、酒乱というのも面白い。

大正時代の物語となっており、恋愛あり、戦争による別れがあり、働く女性の先駆け的存在となる等、内容はかなり複雑、てんこ盛りです。

こう書いてしまうと、とても硬くて難しい話じゃないかと思われますが、そんなことはありません。

笑い所も結構ありで、お勧めの作品です。

女性漫画ですので、女子にはお勧め。

きっと共感されること間違いなしです。

過去にアニメ化もされていますし、南野陽子さん主演で実写化、映画にもなっています。

そして、今年、劇場版アニメが公開されるようです。



と、いう訳で、南野陽子さんの「 はいからさんが通る」をどうぞ。


ゲゲゲの鬼太郎

妖怪つながりということで、今日は「ゲゲゲの鬼太郎」です。

こちらは一目で日本風ということで、親しみがありますね。

妖怪に親しみというのも変ですが。

妖怪だけに登場人物が個性的ですよね。

ビビビのねずみ男。

目玉おやじ。

猫娘。

砂かけ婆。

子泣き爺。

一反木綿。

ぬりかべ等。

鬼太郎の声は、ドラゴンボールの孫悟空で有名な野沢雅子さん。

怪奇、ホラーが大好きな私にとって、外せないアニメ作品です。

熊倉一雄さんが歌うテーマ曲も最高です。

白黒映像もあるんですね。

知りませんでした。

私はカラーバージョン世代です。

アニメにとどまらず、実写化もされていますよね。

蛇骨婆役の佐野史郎さんお見事でした。

でも猫娘役の田中麗奈さん、かわいかったなぁ。


白黒バージョン


カラーバージョン



にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング

妖怪人間ベム

怪奇、ホラー大好きな北風のキャロルです。

子どもの頃に見てました。

いかにも外国風なタッチの絵が余計に恐怖、怖さを感じさせました。

原作は誰なんだろう。

ベム、ベラ、ベロ。

人間になりきれなかった妖怪人間ということで、指が三本しかありませんが、その代わりに人間離れした身体能力を持ち合わせています。

人間に悪さをする悪い妖怪たちと戦い、いつかは人間になりたいと願っています。

人間に代わって、悪者と戦う正義の味方ということで、好きでした。

けれど、所詮は人間ではないということで、気味悪がられたり、街から追い出されたり、彼らには安住の地はなかった。

若い方ですと、このアニメを実写化したドラマ、亀梨和也さん、杏さん、鈴木福さんでご存知の方も多いことでしょう。

最近、この手のドラマやアニメがなくて淋しいです。

妖怪人間ベム -オープニング-テーマ曲


カムイ同様、城達也さんのナレーションがきまってます。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング

興味のある方はこちらで。第一話がご覧になれます。というか、ほとんど見られます。
※ dailymotionに飛びます。