The Hidden


第16回アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞作品。

あの「ロボコップ」を差し置いてグランプリをとったんですからたいしたものです。

内容は、良い宇宙人(異星人)と悪い宇宙人(異星人)との闘いを描いたものです。

何だ、よくある話じゃんと思っているでしょう。

ところが違うんだなぁ。

この宇宙人(異星人)は生物の体に入りこんで、意のままに操ることができちゃうんです。

あれ、これって遊星からの物体Xと同じじゃないのと思われますが、ちょっと違うんです。

ある日突然善良な市民が凶暴で悪いことを行う。

それは悪い宇宙人(異星人)が体を乗っ取っているからなんですが、次から次へと移るため、どれが悪い宇宙人(異星人)か分からない。

良い宇宙人(異星人)も同じで、人の体に入りこんで悪い宇宙人(異星人)を探し出しやっつけるまでを描きます。

そのハイライトシーンがこれです。



目的を果たした良い宇宙人(異星人)は、ご覧のとおり銃弾をあび、瀕死の状態となるので、次の体を探さなければならないのだが.........。

ラストはちょっと感動するかも。

是非レンタルして見てください。

この主人公役カイル・マクラクランが美形でかっこいいですよね。

ツイン・ピークスでご存知の方も多いことでしょう。
スポンサーサイト

気になる


最近、ちょっと気になっていることがあったんですが、皆さん朝のテレビ番組は何をご覧になっているでしょうか。

我が家は昔からフジテレビの「めざましテレビ」を見ているんですが、めざましファミリーの中でイメージが変わった女性アナウンサーがいるんですよ。

宮司 愛海さんという女性アナウンサーがいるのですが、もともとは長い髪形をしていたのですが、年明けからショートカットにされて、「あら可愛い。」

本当にショートカットに弱い私。

もうすっかり彼女に目が釘付け状態です(笑)

でもそう思っているのは、私だけではなかったようです。

めざましテレビ宮司アナのショートカットが可愛すぎて視聴者が騒然とする事案が発生

誰もがそう思っていたんですね。

良かった。良かった。

Deadly Friend

今日は86年のアメリカ映画「デッドリー・フレンド」です。

ジャンルとしては、ホラー要素ありのラブストーリー。

内容は、人口知能を開発した天才少年が、引越し先のお隣さんの娘に恋しちゃんですが、何やら訳ありの様子で、父親から暴力を受けているようなんです。

酒に酔った父親との口論の最中、娘は誤って階段から落ちて、頭を強く打ち脳死状態となってしまう。

何とかして彼女を目覚めさせたい(生き返らせたい)少年は、人口知能のチップを彼女の脳に組み込み、彼女はロボットのように動き出すのだか.......。

ハッピーエンドとなるのか、バッドエンドとなるのかは、見てのお楽しみ。

お隣の可愛い娘役のクリスティ・スワンソンがグラマーで可愛くて好きでした。

確か「マネキン2」にも出ていましたね。

ロボットのような仕草や表情がいいんですよね。

是非レンタルして見てください。

彼女のシーンを集めた映像がありました。



詳しくはこちらで確認してください。

Yellow River


元々はトレメローズというイギリスのバンドがレコーディングし、リリースの予定でしたが、直前になって自作の曲を出すこととなったため、作者であるジェフ・クリスティ自身がヴォーカルを取り直した曲といういわくつきの曲です。

クリスティ イエロー・リバー


軽快な曲で、一度聴いたら忘れられない良い曲です。

世界的に大ヒットしたというのも頷けますね。

Please Mr. Postman

今日は、3曲聴き比べとまいりましょう。

曲は「プリーズ・ミスター・ポストマン」です。

歌詞の内容は、彼(彼女)から手紙が来ないので、早く私のもとに届けてよと、郵便配達員に八つ当たりするという内容です。

オリジナルは、アメリカのガールグループ、マーヴェレッツが61年にリリースしたものです。

デビュー曲で全米1位に輝いたというから物凄い記録ですね、



お次は、ビートルズ。

63年、2枚目のアルバム「With the Beatles」に収録されています。

自分たちのオリジナルといって言い程、完全に自分たちの曲に仕上げています。



お次はカーペンターズ。

74年にリリースしています。

私はこの曲はカーペンターズで知りました。

てっきりカーペンターズの曲なのかなと思っていました。

後になってビートルズのカバー曲だと分かったんですが、何とビートルズもカバーしてしてたいたことが分かり、原曲のマーヴェレッツにたどりついたというわけです。



アレンジの美しさではカーペンターズがダントツですが、ビートルズの演奏も捨てがたいし、原曲は原曲の良さがあるし、どれが一番ともいい難いですね。

一般大衆向けとしてはやはりカーペンターズでしょうね。

あなたはどれが好みですか。

Massachusetts


今日はビージーズを取り上げます。

すでに取り上げていたかと思っていたら、まだでしたね。

それこそ沢山のヒット曲がありますが、私の好きな曲。

Massachusetts(マサチューセッツ)です。

アメリカにあるマサチューセッツです。



ゆったりとしたメロディで、故郷を思い起こさせるような、そんな感じがいいんです。

ライブバージョン

Ocean Gypsy


多分ご存知の方はいらっしゃらないと思いますが、お勧めの一曲を紹介します。

イギリスのバンド、Renaissance(ルネッサンス)

メジャーではないと思いますので、かなりツウの方じゃないと知らないと思います。

何といっても紅一点アニー・ハスラムの歌声でしょう。

この曲なんてまさに彼女のためにあるような曲ですよね。

ぴったりです。

この曲が入ったアルバム「Scheherazade and Other Stories(千夜一夜物語)」は結構評価が高いようで、私も持っています。

今宵は彼女の歌声に酔いしれてください。

この曲を聴くと、何かとてもいい夢がみられそうな気がします。

私の癒しソングです。


夢先案内人


山口百恵さんの曲で一番好きな曲。

ウィキペディアによると、77年にリリースされた17枚目のシングルということです。

あの中森明菜さんがスター誕生で、本選3回目の挑戦で合格、決戦大会でも歌った曲ということで、明菜さんも思い入れのある曲のようです。

イントロからしてすでにいい。

曲全体もゆらゆら揺れているような感じで、私のお気に入りの1曲なんです。




夢先案内人なんていうタイトルもとてもステキですよね。

百恵さんなら是非案内してもらいたいですね。

とってもいい夢が見られそうです。

では、お休みなさい。

よい夢を。

と、思っていたら、ありましたよ。

中森明菜さんが歌っている映像が。

決戦大会の映像です。

これは大変貴重ですよ。


はじめてのチュウ


今日はハッピーソングです。

藤子・F・不二雄先生のテレビアニメ「キテレツ大百科」のエンディングテーマ曲です。

ほのぼのとして、心が暖かくなるような曲。

はじめてのチュウ


歌詞はこちら

ファーストキスを体験した男の子の歌ですね。

もう忘れちゃったなぁ。

セプテンバーバレンタイン


セプテンバーバレンタイン。

なんて言うと、今は2月。フェブラリーですよと言われそうですが、突然狂った訳ではありません。

バレンタインデーというと、真っ先にこの曲が頭に浮かんで来るんです。

今年のバレンタインデーはもう過ぎてしまいましたが、何と珍しいことに今年は我が家の奥様からチョコレートケーキを頂きました。

買ってくれた本人が食べたいだけなんでしょうけどね。

DSC_0282.jpg

職場の女性陣からも頂きました。気を使ってもらって本当にスイマセン。

DSC_0281.jpg

今年の戦利品は以上です。

いい年してバレンタインでもないんですが、全く何もないというのも淋しいので、貰えるだけ有難いということで感謝します。

さて、この曲なんですが、佐々木幸男さんという方が歌っています。シンガーソングライターです。

この甘い声がいいですよね。

憧れちゃいますね。

私が女性だったら、もうイチコロですね。

アンハッピーソングですが、これがまた胸に突き刺さります。

というか、相手の女性に対する自分の気持ちを歌っているんですけど、よ~く分かります。