The Hidden


第16回アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞作品。

あの「ロボコップ」を差し置いてグランプリをとったんですからたいしたものです。

内容は、良い宇宙人(異星人)と悪い宇宙人(異星人)との闘いを描いたものです。

何だ、よくある話じゃんと思っているでしょう。

ところが違うんだなぁ。

この宇宙人(異星人)は生物の体に入りこんで、意のままに操ることができちゃうんです。

あれ、これって遊星からの物体Xと同じじゃないのと思われますが、ちょっと違うんです。

ある日突然善良な市民が凶暴で悪いことを行う。

それは悪い宇宙人(異星人)が体を乗っ取っているからなんですが、次から次へと移るため、どれが悪い宇宙人(異星人)か分からない。

良い宇宙人(異星人)も同じで、人の体に入りこんで悪い宇宙人(異星人)を探し出しやっつけるまでを描きます。

そのハイライトシーンがこれです。



目的を果たした良い宇宙人(異星人)は、ご覧のとおり銃弾をあび、瀕死の状態となるので、次の体を探さなければならないのだが.........。

ラストはちょっと感動するかも。

是非レンタルして見てください。

この主人公役カイル・マクラクランが美形でかっこいいですよね。

ツイン・ピークスでご存知の方も多いことでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かっこいいですよね

こんばんはー

ヒドゥン、観てるはずなのにあまり思い出せない(汗)、最近、認知症か?と思うくらい、忘れやすくてヤバイです・・
でも、カイル・マクラクランがかっこいいのは覚えているんですよね、まわりにもファンがいました。
もう一度観てみようかな。

ハンサムな美男子

Simcoさん こんばんは。

以前テレビでも放送されていましたから、ご覧になったことがあるかもしれません。
私もテレビで見て、DVDでも見ました。

男の私から見てもいい男ですから、女性ファンも多い筈です。
私もこんな顔で生まれたかったなぁ、と思います。

機械がありましたら、是非是非ご覧になってください。