スケバン刑事 22巻読破

2017/04/03


スケバン刑事といえば、実写版しか知らなかったのですが、原作は少女漫画「花とゆめ」に連載されており、単行本22巻の作品となっていることをガムザッティさんから教えてもらい、オークションで全巻ゲットし、昨日2日で全巻読破しました。

実写版とは全く内容は違います。

原作の方が文句なしで面白いです。

少女漫画を読むなんて、大和和紀さんの「はいからさんが通る」以来でしたねぇ。

でも、ラストはサキが卒業証書を受け取りに学校に現れ、すぐ学校を立ち去ったのですが、実は半年前に亡くなっていたということが分かり、一体これはどういうことなんでしょうか。

果たしてサキは死んでいるのか、それとも生きているのか。

どちらにも受け取れる終わり方なので、ひょっとしたら、続編があるのかもという含みが残っています。

原作漫画全部読破したので、今度はアニメの方を見たくなりました。

今日は実写版 スケ番刑事 2代目麻宮サキ役の南野陽子さんの「話しかけたかった」をどうぞ。



表情豊かで可愛いですね。
スポンサーサイト
comment (2) @ 日記
Good luck and Good bye | お早うございますの帽子屋さん

comment

驚きと安心。 : ガムザッティ @-
北風のキャロルさん、こんにちは。

ホントに読破されたんですね。
2日で22巻。それは凄い。

面白いとおっしゃって頂けて良かったです。
まさか、本当にお買い上げされるとは思わず、お気に召さなかったら悪いな~と思っていました。

昭和のお話なのでちと、内容が古いかとも案じていました。
お安く手に入ったとはいえ、22巻って場所を取るから、そのことも心配していました。

リアルタイムで雑誌で読んでいた私も衝撃的なラスト。
サキはきっと幽霊になっても、学校に来たかったのでは?と思います。
そこに行くまで、激闘・死闘のいばらの道でサキの運命に涙しました。

続編は・・・
作者の和田慎二さんが亡くなっているので残念ながら、幻となりました。

はいからさんが通るは、友達に借りて読んだので忘れてるんですよね。
やはり自分で買って読んだものでないと、記憶に残っていません。
ですが、スケバン刑事も、読んでからかなり年月がたっているから私もかなり記憶が薄れています。

南野陽子さんは、はいからさんが通るの映画も主演され、サキも演じられて、北風のキャロルさんにドンぴしゃですね。

「話しかけたかった」は歌詞もかわいらしいストーリーで大好きです。
「吐息でネット」までは、ベスト盤を聴いていたので歌えます。

また、ナンノちゃん、取り上げてくださいねって、リクエストしちゃいけないですよね(^^)

アニメもあったんですか?それは知りませんでした。
現実的には、冬季オリンピックが終わるまでは難しいかもですが。
でも、観たいと思います。
2017/04/03 Mon 17:41:41 URL
面白かったです! : 北風のキャロル @-
羽生結弦選手、見事世界選手権で優勝。
おめでとうございます。
ガムザッテイさんの笑顔が目に浮かんできますね。

ご紹介いただきありがとうございました。全部読みました。
私の書き方が悪かったですね、読み終わったのが4月2日ということで、3月18日から読み始めましたので、16日かかってます。

読み応えありました。もうすっかりサキのファンになってしまいましたよ。若いのに壮絶な人生を送ったんですよね。続編はなしということで、ちょっと残念です。実はサキは生きていて・・・・・と期待していたんですけど。

「はいからさんが通る」はクラスの男友達の紹介で読みました。登場人物が面白く、でも、ロマンスもありで、やっぱり少女漫画でした。

アニメにもなりましたし、南野陽子さんの映画にもなりました。早くから漫画を見ていてよかったなぁと思いました。南野陽子さん、笑顔がステキ。この曲好きなんです。

アニメ化もされてます。YOUTUBEにもアップされていますよ。知っていれば見てたのになぁと、今頃になってスケバン刑事のファンになってしまいました。遅すぎますね。
2017/04/03 Mon 20:30:09 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する