銀河鉄道999 by ゴダイゴ

2017/04/07

銀河鉄道スリーナインといえば、ゴダイゴですよね。

やっぱり。

といいながら、SAYONARAを先に取り上げましたが。

ゴダイゴで大ヒットしましたから、みなさんもうご存知ですよね。

希望に満ちて、さあこれから出発だという感じで、旅立ちにはもってこいの曲です。

宇宙に向けて行ってきますなんて日がやってくればいいんですけどね。

メーテルのような美女が一緒だと、さぞ楽しい旅になるんだけどなぁ。

いつまで待っても、そんな日は来ないですよね。

youtubeに飛びます。
https://www.youtube.com/watch?v=F1NdJDR7hCI

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comment (2) @ アニメ
Let Me Be There | 想い出の九十九里浜

comment

憧れのメーテル : ガムザッティ @-
メーテルさんの愁いを帯びた美しさに、小学生の私も憧れました。

映画の完成度が高く、ゴダイゴの主題歌も大ヒットでしたので、長年続いたTVシリーズが気の毒にもなりました。(^^;)

映画1作目この主題歌は、おっしゃる通り未来を感じさせ希望に満ちていて私も今でも好きな歌です。

映画の公開前にリリースされたので、二人は別れてそれぞれの道を行くという結末が想像されてしまった記憶もあります。

結局、多くの謎が続編でも解明されないまま何十年と時が経ち。

後付けのストーリーの続編が何作か作られていて愕然としました。
(ネタバレごめんなさい)

メーテルとエ○○○○○が、姉妹だったとか~。
千年女王がプロメシゥムで、お母さんだったとか~。
(メーテルが千年女王じゃなかったの?)

「メーテルレジェンド」というタイトルだったと思いましたが、私の中では、
「さよなら銀河鉄道999」で完結っ!

ってことにして、続編を見るのは止めました。

こんなことばかり書いていると、漫画、アイドル、アニメにお詳しいと誤解されそうですが、今の私は違います~と、言い訳しておきます。

ゴダイゴからずれて、スミマセン。
語るときりがないので、この辺にしておきます。(笑)
2017/04/07 Fri 07:41:10 URL
少年たちの憧れ : 北風のキャロル @-
でしたね。メーテルは。

ゴダイゴのこの曲は映画化1作目でした。
ラスト、メーテルとの別れは泣けました。
でも新たな旅がまた始まるような、そんな予感を感じさせるような曲でした。

ガムザッティさんのおっしゃるとおり、映画化は2作目まででよかったですね。3作目は中途半端な尻切れトンボでしたものね。

999に対するガムザッティさんの熱い思いが伝わって来ます。

コメントありがとうございます。
2017/04/07 Fri 20:19:35 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する