スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋はみずいろ

イージー・リスニングといえば、真っ先に浮かんで来るのが私の場合「恋はみずいろ」です。

ということで、ポール・モーリア・グランド・オーケストラの「恋はみずいろ」をどうぞ。



きっとどこかで聴いたことがあることでしょう。

ビッキー フランス語バージョン


恋ってやはり、淡い色とか、暖色系、明るい色が浮かんで来ますね。

貴方にとって恋は何色でしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

恋の色

ポールモーリア
パーシーフェイスやレーモンルフェーブルと並んで、とくに日本で人気がありましたね。

高校生の時、
札幌にポールモーリアグランドオーケストラが来るというので、小遣いを叩いてチケット2枚買ってそのころ好きだった女の子を誘いました(^o^)
いったんはチケットを受け取ってもらえたのけれど「やっぱり用が出来たので」というミエミエの理由でキャンセルされました。
仕方なく、野球部の野郎と2人で聴きにいったなあ、ポールモーリア・・・

恋の色は
水色だったり、バラ色だったり、灰色だったり、色々ですね (^^;)

切ない思い出

仰るとおりですね。本当に人気がありました。
やはりはじめはポール・モーリアでした。中学生頃から聴いてました。

shiro-ouさんの貴重な青春時代の切ないエピソードも聞かせていただきありがとうございます。
これが青春ですね。人生思うようには行かないものです。でも、残念でしたね。

上手く行けば薔薇色なんでしょうけど、甘く?切ない恋は淡い色なんでしょうか。
恋愛もなかなか難しいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。