南から来た男

全てにおいて「裏切られた」という表現がぴったりでしょう。

何がってご存知ですよね。

声と顔のギャップに。

ファーストアルバムがフラミンゴのジャケットでしたからね。

本人の顔がない。

顔が出てたら売り上げに影響するからという声も聞こえてくるようですが....。

こんなステキな声だと、さぞイケメンを想像してしまいますよね。

蓋をあけてみれば、ただのおっさんではないですか。

いゃ~びっくりしましたね。

でも歌声は素晴らしい。

「南から来た男(クリストファー・クロス)」は文句なしにいい。

「セイリング」が高い評価を受けているようですが、私はどこがいいのか分かりません。

むしろ「セイリング」以外の曲の方が好きです。

「セイリング」は入ってなくても全然オッケーだと思いますが、みなさんはどう思いますか。

ニコレット・ラーソン(でしたよね、確か。)とのデュエット曲もお気に入りです。

アルバムの1曲目「Say You'll Be Mine」をどうぞ。



1 Say You'll Be Mine
2 I Really Don't Know Anymore
3 Spinning
4 Never Be The Same
5 Poor Shirley
6 Ride Like The Wind
7 The Light Is On
8 Sailing
9 Minstrel Gigolo

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント