シェリーに口づけ

トゥ トゥ トマ シェリー マ シェリー

トゥ トゥ トマ シェリー マ シェリー

ミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」。

フランス語は全く分かりませんので、こんな発音でいいのか分かりませんが。

思えば、はじめて聴いたフランス語の歌ですね。

おフランスの曲なので、不思議な感じの曲でしたねぇ。

邦題が「シェリーに口づけ」ですので、シェリーという名前しか分かりませんでした。

しかし、シェリーとは女性の名前ではなく、英語でいうダーリン、愛しい人という意味だったんですね。

すっかり邦題に騙されました。

でも、ラジオではよくかかっていた記憶はあります。

71年の大ヒット曲です。



にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村



音楽ランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ポルナレフの帽子

「シェリーに口づけ」は流行りましたね~^^
「渚の想い出」もヒットした記憶が。

話変わってすみません、「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」の50周年記念エディションが出て、49年ぶりに英国のチャート1位になったとか。
やっぱりビートルズはすごいなぁ~と改めて思います。
今後もずっと、若い人にも受け継がれていく人気のグループ、楽曲なのでしょうねe-454

ポルナレフの代表作

ラジオでも毎日のように流れていたのではないでしょうかね。
ポルナレフの代表作。大ヒット作ですね。

ビートルズ。どうしてこんなにも人気があるのでしょうか。
これ程長きにわたって、支持され続けるなんて、後にも先にも彼らだけなんでしょうね。

ジョンとジョージはもうこの世にはいませんが、天国で仲良くしているんでしょうか。向こうでもビートルズ結成するのかな。

これから先もずうっと愛され続けるんでしょうね。本当に偉大なグループです。