スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな玉ねぎの下で

とっても胸にしみる失恋ソング。

爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」です。



青春してますね。

これが若さだという感じですかね。

コンサートのチケットを送ったけれども、当日彼女は来なかったという、ドラマのような、ありがちな内容ですが、ぐっと胸に突き刺さります。

ペンフレンドという言葉も昭和を感じさせます。

昔、ありましたよね。

いわゆる文通というやつです。

雑誌などに文通しませんかみたいな欄がありました。

私はしたことはありませんが、うちのカミさんは昔、学生の頃にやってたことがあるそうです。

今や携帯の普及で、ラインや、アプリなどで、簡単に人とつながることができる時代ですから、いいのか悪いのか分かりませんが、私は、手紙の方が楽しみがあるというか、嬉しいです。

私は携帯持つのが遅かったので、カミさんには手紙書いたりしてました。

同じ地元ではなかったでしたから。

手紙の方がいいなんて、やっぱり根っからの昭和の人なんですね。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。