逆流性食道炎

今日は6月30日。

6月も今日で終わり、明日はもう7月ですね。

1年の半分が過ぎようとしているんですねぇ。

早いなぁ。


今日は、腎がんが転移する前の話です。

突然襲う胸の激痛。

丁度胸の真ん中辺り。

誰もが心臓だと思い、循環器を受診します。

私もそうでした。

しかし、心臓には異常なし。

一体なんなんだろうか。

私の場合、いつも決まって夕食後、9時頃かなぁ。

ちなみに夕食は6時30分頃です。

胸に激痛が来るんです。

結局のところ、逆流性食道炎ということが分かりました。

胃カメラ検査で、胃の入り口の締まりが悪く、胃液が逆流し易いとのこと。

胃酸の分泌を抑える薬で、あっという間に解決。

思えば、時々、何か上がってくるような不快な感じや、食後しばらく痛みが続いていたことがあったんですよね。

今思えば、あれが前兆だったんですね。

逆流性食道炎になった人の話を聞くと、私と全く同じ。

みんな心臓だと思って、循環器にかかったそうです。

胸の真ん中だから、そう思うよね。

胃酸が、食道まで上がってくると、これまで経験したことのない激痛がするなんてねぇ。

あの激痛は、二度と御免です。


ヴォトリエント服用の際、薬剤師の先生からは、効果が弱まる話は伺いましたが、夕食後に服用すればいいでしょうということで、今日まで続いております。

ヴォトリエントの効果が出るように、暫くこの薬は控えていたのですが、やはり違和感が。

がんセンターの先生に話し、ネキシウムカプセル10mgを処方してもらいました。

胃の不快感からは解放されました。

ヴォトちゃん、薬が増えたけど、これからも仲良くしてね。

本当に、あの激痛は凄かったです。

生まれてはじめての激痛でした。

二度と御免ということで、ビートルズのNot A Second Timeをどうぞ。



にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村


音楽ランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント