クリスマスキャロルの頃には

2016/12/19
クリスマスソングシリーズ第3弾は、J.Iこと稲垣潤一さんで行ってみましょう。

クリスマス、稲垣潤一と来れば、もうこの曲しかないでしょう。

この曲は「ホームワーク」というドラマのテーマ曲でした。

唐沢寿明さん、福山雅治さんが出演されていましたね。

しかし、昨日のミポリンのドラマにしても、このドラマにしても懐かしいというか、古いドラマで申し訳ありません。

でも、どちらもいいドラマでしたよ。

クリスマスキャロルの頃には



歌詞は、意味深というか、あまりハッピーではない歌ですよね。

お互いにとって良い答えが出るといいのですが。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comment (2) @ 音楽
クリスマス・イブ | 遠い街のどこかで

comment

「バブルのころ」 : shiro-ou @7WYMRv7.
こんにちは
今朝、クルマの中でたまたまかけていたCDが稲垣潤一
「クリスマスキャロルの頃には」 を聴きながら出勤しました(笑)
クリスマスには欠かせませんね。

あと、「メリークリスマスが言えない」 も私のイチオシです。
https://www.youtube.com/watch?v=IIFFikhRnxM

クリスマスに、港から霧笛の聞こえてくるレストランを予約して乾杯・・・
バブルのころのカップルの風景が浮かんできます(笑)
2016/12/20 Tue 14:04:03 URL
そうですね : 北風のキャロル @-
shiro-ouさん こんばんは。

J.Iを聴きながら出勤ですか。いいですね。
クリスマスといえば、この曲でしょう。

メリークリスマスが言えないもありましたね。でも、テレビドラマのお陰でこちらの曲の方がヒットしました。どちらも良い曲です。
J.Iは、妹の影響で私も何枚かアルバムを持っています。

仰るとおりバブルの頃が思い起こされますね。
2016/12/20 Tue 19:17:19 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する