To Sir, with Love

2016/11/03
この前は音楽の話題でしたが、今日は映画として取り上げます。

シドニー・ポワチエ主演の To Sir, with Love いつも心に太陽を です。

昔、テレビドラマにあった学園ものの映画です。

手をつけられない生徒達と新米教師のぶつかり合いを通じ、共に成長して行くというストーリーです。

主題歌を歌っているルルも生徒役で出演しています。

少しづつ変わっていく生徒達とシドニー・ポワチエ演じる教師との心のつながり、ふれあいに心打たれます。

ラスト直前が実にいい。

思わずほろりとさせられます。

ひとつ分からないのが、ラストの生徒達からプレゼントをもらい、ひとり教室に戻った後、紙切れを破り捨てますが、

あれって、希望していた仕事が決まった書類を破り捨てた。

教師を続けるといういうふうに理解していいんですよね。

どなたか分かっている方がいれば、教えてほしいと思います。

休日にこんな映画を見るのもいいと思いますよ。

こういう映画をみると、学生時代に戻りたいと思ってしまいますよね。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comment (0) @ 映画
彼女が僕を待っている | 暗くなるまで待って

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する