虹の都へ


北海道の冬といえばスケートボードが現れるまではスキーでした。


私も若い頃はスキーに出かけていました。


原田知世さん主演の「私をスキーに連れてって」という映画もありましたね。


当時テレビのCM(ミズノのスキーウエア)でこの曲が流れていて、スキー場でもよく流れていたんですよ。


だからこの曲を聴くとスキー場へ行きたくなってしまうんですが、そんなことでとても懐かしい曲です。


この曲がきっかけで彼の曲を聴くようになり、アルバムも何枚か持っています。


好きな女の子と一緒にスキーに行ったことを思い出します。


その後どうなったかは、そんな野暮なこと聞いちゃだめだめ。


高野寛 虹の都へ



にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

青春の思い出ソングですね

誰にでもありますよね?
その曲を聞いた途端に、ある時代にタイムスリップしてしまう曲って

私の思い出ソングはTUBEかな~~~

いくつになっても、青春は色あせないですね

鏡に映る自分に、現実逃避したくなる・・・(笑)

リフトは緊張しました

chiiさん コメントありがとうございます。

実は私もリフトは緊張しました。
簡単そうなんですが、なかなか上手に座れませんね。
結構勢いがついて来ますから、その勢いにおされて座らされるような感じで、納得のいく座り方はそんなにありませんでした。

開放感溢れる大自然の中で流れる音楽だから、そう感じるのではないでしょうか。
音楽に合わせてスイスイと滑れるとカッコイイんですけどね。
スキー学校にも行かない我流の滑りではそう上手くはいきません。

TUBEといえば夏

himikoさん こんにちは。

甘酸っぱい、いやほろ苦い思い出ソングです。
今思えば若さゆえの....というやつですかね。
でも、この曲は好きですよ。

TUBEといえば夏ですが、夏もあまりいいことはなかったかな。
年中通していいことはありませんでしたが、と段々暗くなって来ましたが、若いからこそいろいろチャレンジできたんだと思います。